社団法人家相建築設計推進協会

【家相リフォームのススメ―6】トイレ編③
凶方位のトイレは洗面とトイレを分離して無難な家相に。

鬼門方位のトイレは凶相となりますが、図のようにトイレスペースに鬼門方位がかかっている場合、洗面とトイレとを分離してトイレを独立させることで、凶相の影響をなくすことが可能となります。
トイレのスペースが広ければその分、凶相リスクの範囲が広くなると言えます。

%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac1

家相建築設計事務 佐藤秀海

LEAVE A REPLY

*

Return Top