社団法人家相建築設計推進協会

【ステンドガラス作家のまったりライフ②】
節電生活

tappu_top今、先月6月と先々月5月の、我が家の電気代請求書を見たら、4,097円と4,203円でした。実はこの中には、私の職場でもある工房での電気代も含まれています。工房には、ガラスを融かすための4kwの電気窯もありますので、その運転分を差し引くと、生活用として使った分は3千円以下だと思います。この金額は1年通して、うちの平均的なものです。夏の熱い時期、冬の寒い時期
もほぼ変わりません。1ヶ月の電気代=3千円は、他のご家庭と比べても、かなり低い部類ではないでしょうか。

ほとんどの照明器具で、電球型と蛍光管型のLEDを使用しています
照明器具のほとんどが、電球型と蛍光管型のLEDを使用

主な消費源は、冷蔵庫だと思います。次に照明、電子レンジ、洗濯機など。ほとんどの家電はそろっていますので、決して原始生活を営んでいるわけではありません。妻は、数日おきにオーブンレンジでパンを焼いていますし。もちろん、節電には心掛けています。良く使う電灯はLEDですし。夫婦そろってエアコン、特に冷房が大の苦手なので、客間と寝室に1台ずつあるにはありますが、年間を通じて10回も使いません。それが、大きな節電効果を生んでいると思います。我が家は、築20年近い普通の木造戸建てなので、断熱効果もさほど高くありません。まあ、それでも昔の人はエアコンなしで、この温度で過ごしていたと思えば、熱さも寒さも、さほど苦になりません。当たり前と言えば当たり前ですが、二人の娘も生まれた時からエアコン無しの生活なので、室温30℃を超える真夏の夜でも、シーツにびっしょり汗を かきながら平然と寝ています。

先達て、知人と話していたら、月の電気代が10万円だと言っていました。驚いたと共に、何をどう使うと10万円になるのか興味が湧きました。聞けば、家に老犬がいて、24時間エアコンを入れっぱなしだそうです。実は飼い犬のためにエアコン入れっぱなしは、時々聞くお話です。特に共働き家庭では、夏も冬も常識のようです。東日本大震災以降、ご老人が、命をすり減らすように節電しているというのに、お犬様のために10万円の電気消費は、どうなんでしょうね。

LEAVE A REPLY

*

Return Top